夢を叶える方法 17 凹んだときの松本人志

01.25.2011  |  Published in diary, 夢を叶える方法

ダウンタウンの松っちゃんこと松本人志さんにはどれだけ勇気付けられたことでしょう。僕の松っちゃんとの出会いは彼の著書でした。ごっつえぇ感じとかで松っちゃんのファンになった方は多いと思いますが、僕は正直彼の笑いというものを知らずに彼と出会いました。(出会ったといっても実際会ったことはありません。) 何かのきっかけで「遺書」を読んだのだと思います。

彼の哲学に共感、感動し、じゃぁ笑いも見てみようか、「げっ!おもろい!」という流れでした。

松っちゃんのいいところは、自分で「俺はがんばってんねん」と言ってくれるところです。世の中の傾向としてそのようなことはあまり言わないのを美徳としている気がしますが、はっきり言ってくれたほうが僕は自分が得るものが多いです。陰でめちゃくちゃ努力してて、それを表に出さず簡単にこなしているかのように見せられると「あー、あの人は天才だから俺らはいくら努力しても無駄だな」と思ってしまうかもしれないからです。

だから僕は自分が自信をもってがんばったといえることははっきり「がんばってきました」と言うようにしています。それは自分の自慢ではなく、みんなと頑張ることの楽しさ、素晴しさを少しでも分かち合いたいからです。

あと凹んでいるときに笑うことは大切ですね。僕の中で松っちゃんの傑作は「伝説の教師」です。笑いであれだけの表現をしているのは神がかりです。あれはもう「笑い」という手段で表現しているというより、「笑い」というものがデフォルトの状態で存在し、思いっきり自分を出したら自然に笑いが生まれるのは当たり前というレベルじゃないかと思います。音楽で自分もあのレベルに行きたいです。笑えながらも胸にこみ上げてくるものがあり、すかーーーっとします。

あーーーほらね、こうやって松っちゃんのことを考えてるだけでわくわくしてきて、やる気が出てきたーーー。こういうのが夢を叶える原動力となります!

さいならりほー

コメントする

- Gravatar対応

LAYLA LANE ブログ

heday blog link valerie blog link

ニュース

Heday 最新記事

Valerie 最新記事

Recent Comments